予防歯科

予防歯科とは

ムシ歯などになってから・歯が痛みだしてからの治療ではなく、そうなる前の予防を指導・メンテナンスをする診療です。

「歯医者には歯に不具合が出てから行くものだ。」
という固定観念が日本人にはついてしまっています。
しかし、海外での認識は違います。 欧米などでは歯医者は「治療をする場所」ではなく「メンテナンスをする場所」という認識で広まっています。
その結果「どうしたら歯が悪くならないように予防できるか」という考えの下、歯の健康と付き合ってきた諸外国に比べ、日本人の虫歯の数が圧倒的に多い現状が出来てしまいました。
つまり歯「残せない」のではなく、日本人は歯を「残そうとしていない」だけなのです。
歯とお口の健康を守るため、歯科医院での「プロフェッショナルケア」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた「セルフケア」で、歯の予防を実践しましょう。
いつまでも健康に自然な歯でいたいなら、1~3ヶ月に1回ほど、歯科医院での定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

予防のためのPMTC

2bc9980f3d8aeb6b339b7b79171228cd_m
PMTCとは上記の通り、プロフェッショナルによる歯のクリーニングの事です。患者さんのお口の中の状態や、症状によって専門家の判断の下、お口を健康に保つためのサポートを行います。
PMTCでは特別な機器を使って、プロならではのクリーニング・メンテナンスを行い、普段の歯磨きでは取れない汚れを取り除きます。
その結果、口臭・虫歯・歯周病などを予防する効果の他、タバコのヤニやコーヒーなど、普段の生活で付いた歯の着色をキレイに落とすことができます。

PMTCを行うまでのSTEP

Step1. お口の状態チェック

歯の表面の染め出しを行い、ブラッシングの状態、
バイオフィルムの付着をチェックします。
きれいにブラッシングしているつもりでもバイオフィルムは付いています。
arrow

Step2. 歯石除去

歯の表面や歯肉の中(歯根の表面)等に付着している歯石を除去します。
arrow

Step.3 洗浄

人によっては歯周ポケット内のバイオフィルムを、
歯科医院専用の器具を使って除去(破壊)する必要があります。
arrow

Step.4 清掃

歯科医院専用の器具を使って歯面、
歯間部、歯と歯肉の間、咬合面等をきれいにします。
arrow

Step.5 フッ化物等の塗布

フッ化物等の塗布をし、歯質を強化します。
※子供の場合のみフッ素を塗布します。

(c) 2015 ごとう歯科クリニック All Rights Reserved.