入れ歯治療

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーの特徴の一つとして、従来の部分入れ歯と違い金属のバネがなく、大きく口を開けても入れ歯だとわからないほど自然な作りになっています。
薄く、軽い作りで入れ歯特有の違和感がなく、金属バネで歯に固定するよりも負担をかけず、尚且つしっかりと固定できるのも特徴です。

針金のいらない入れ歯

上記の特徴のように「金属のバネがない」入れ歯は使用者からも特に喜ばれています。
本物のような自然な作り、軽く違和感のない装着感、しっかりとした固定。
その特徴から、従来のように口元を気にする必要もなく、食事や会話を気持ちよく楽しむことができます。

(c) 2015 ごとう歯科クリニック All Rights Reserved.